最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 珠緒だ! プンプンだ! 文句あるか!! | トップページ | 近所のカーリング大会 »

青森市歯科医師会 平成18年度12回定例会

 堅苦しく

 上記会合本日午後7時より開催されます。

 3月定例会は「学校歯科委員会」が担当することになっています。昨年は私が当番で約1時間30分約100名の歯科医の先生の前でプレゼンさせていただきましたが、パワポを使うと変な所で凝ってしまいますので準備に3ヶ月もかかってしまいました。

 今年は発表から外していただいて・・・担当理事の山田淳一先生が担当されます。

 楽した分だけ(山田先生 すみません)ここで私的な意見を述べてみたいと思います。

 明日のテーマは平成18年度青森市学校歯科健診の結果からの考察、学校保健法に基づく「学校病医療券」の取り扱い説明、青森市の乳幼児のむし歯削減運動に関しての概要、青森市教育委員会からの来年度事業の説明、となっています。

 それではここから更にくどく

まずは12歳児(中学校1年生)はむし歯にどれぐらいかかってしまったか?

12歳児DMFT」がキーワード。Dはむし歯で治療が行われていない歯、Mはむし歯で不幸にも抜歯されてしまった歯、Fは治療済みの歯。Tは英語で歯(TEETH)の略

 DとMとFを足して歯科健診を受けた人の数で割れば、一人当たりのむし歯既往数が出てきます。

 見づらい表ですが下のほうに「1.71」という数字が出てきます。

 即ち中学校1年生でむし歯が(治療済みも含めます。)2本あれば平均より多い、そういう状態になっています。

 それでは青森市は去年どうだったか?・・・実は見事に全国平均の1.7本。平均だから良いのか?良くもない。悪くもないのか?評価は分かれるところです。

 しかしながら私が歯医者になった平成5年のデータは4.8本

 14年でむし歯はとても少なくなったのでしょう。

 ただ、国の求める12歳児DMFTは1.0以下 実はここからが正念場なのではないでしょうか。積極的な予防をしなければこの数値にたどり着くのは非常に困難だと思います。

 むし歯の予防方法は色々とあるかと思います。フッ化物の応用それも一つの方法でしょう。効率的な歯磨き。口腔内の殺菌・除菌。などなど・・・

 私たち歯科医師はその専門家として良い方向へ導く方策を提案することが継続的に求められていると思います。

 むし歯予防先進国フィンランドでは20歳児DMFTが1.0を下回っていると聞きます。約15年ほど前にむし歯予防に市民の方(やはり予防には保護者の方のご理解が不可欠です。)と取り組んだ三沢市では12歳児DMFTは0.9

 これからやっと青森市も行動することになりそうです。

 ただ、行政がこういう提案をしても「財政不足」という理由で全くといっていいほど協力してくれません。地方行政の会計が苦しいのはわかっています。が、保健健康活動の予算をここで削ってしまって良いのでしょうか?(皮肉たっぷりに)

 学校歯科の委員の任期もあと2年。私なりに勉強して「むし歯」と格闘していきたいと考えています。

 

« 珠緒だ! プンプンだ! 文句あるか!! | トップページ | 近所のカーリング大会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 珠緒だ! プンプンだ! 文句あるか!! | トップページ | 近所のカーリング大会 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

人って?