最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

ナッチャンRera まもなく就航

Top

東日本フェリーはこのほど、9月1日に日本に初導入されるオーストラリア製高速フェリー「ナッチャンRera」の就航説明会を行った。

「ナッチャンRera(レラ)」は総重量約10,000トン、全長112m、船幅30.5mの世界最大級のフェリーで、最大搭載人員約800名、普通乗用車換算で約350台の車両を運ぶことができる。製造は高速フェリーの世界市場でシェア75%を占めると言われている豪インキャット・タスマニア製。船体はアルミ軽合金製の波浪貫通型双胴船で、4機のウォータージェットを備え、大型フェリーとしては高速な約36ノット(約67km/h)での巡航が可能。現在、片道3時間50分を要している函館-青森航路を約1時間45分で結ぶという。

説明会は港区のオーストラリア大使館で開催され、同フェリーの就航開始となる2007年が日豪通称協定調印50周年でもあることから、東日本フェリーの代表取締役社長 古閑信二氏のほかオーストラリア公使フィル・イングラム氏も出席した。

船体に施されたカラフルなイラストは、京都市の小学校2年生の川嶋なつみさん(7歳)によるもの。「海や自然と人間とのふれあい」をイメージし、なつみさんや友人が、魚など海の仲間たちと一緒に楽しく旅をする様子を描いたもの。船名の「ナッチャンRera」は、なつみさんの愛称の「ナッチャン」とアイヌ語で「風」を意味する「レラ」から命名されたとしている。

以上どこかから勝手に記事貰っちゃいました。

12月までは特別料金ですのでぜひ乗ってみたいと思います。9月にもしかしたら・・・

海の旅も素敵です。

いんちきグルマン

 今日から15日まで診療所はお盆休みを頂いています。

患者さんにおかれましてはご迷惑をおかけします。ご理解ください。

 さてと、(簡単にモードを切り替えてすみません)

今日は自宅の大掃除に心血を注ぎました(大げさ??)お盆前後は秋風が吹くはずなんですが今年は夏らしいっちゃ聞こえはいいんですが、少しばかりしぶとく暑いです。

 まずはうちのリフレッシュゾーン:お風呂 今年は業者さんに入ってもらって私が対処できない所までクリーニングしてもらったのですが、とある(といって白状:無印良品の)入浴剤を使用してからいつものお掃除では取れない汚れがついちゃいまして、今日は塩素系の洗剤をたっぷり使用して気持ちいいぐらいきれいにと

 そのあと階段とか拭き掃除して・・・最後にずーっと気になっていたベランダ掃除

 暑いは、蒸すは 全身水まみれになりながらデッキブラシでゴシゴシと・・・ようやく狭いなりにそこでお茶でも飲みたいぐらいの状態にしちゃいまして妙な満足感に浸ってしまいました。

 ということで晩御飯は奮発して「八甲田牛」のステーキディナーとシャレこんでみました。

まあ、味にはうるさいと言うか酒が飲めない者としては食べモノに対しての執着(~_~)が凄くてうちのキッチンには数え切れないぐらいの調味料があります。

私の料理は全て「目分量」ですので、2度と同じ味が再現できません。今日は5月に例の新宿にある「宮崎館」で購入したドレッシングにワサビと青森のニンニクをトッピングしてみましたところ、何の拍子か見事にそれっぽい具合になりまして美味しくいただけました。

まあ、素材が良かったといえばそれまでですけど・・・

 多分ですが(と記憶してますが)八甲田牛は短角種ですので他の牛肉より「サシ」が入りづらく「赤味」が多いタイプですので、お肉好きの方にはお勧めだと思います。が大手スーパーでは取り扱いがないので、RAKUTENで買うしかないのでしょうか?青森では生協で結構お安く手に入ります。

 薀蓄を語ろうとしたら「くり~むなんとか」が始まって、薀蓄王が出てきましたのでこの辺にします。

 さて明日何しようかな~~

 患者さん ご理解をお願いいたします。 (^0_0^) 木曜日からがんばりますので

 MISIA ライブに行ってきました。

 昨日青森市文化会館でのMISIA青森初ライブに行ってきました。

 去年は確かBSのTBS系で放送された物を見ましたが、青森まで来るなら実際のナマ歌を是非聞いてみたいと思っていてチケットを取れないかな~(けれどローソンチケットで診療時間に発売開始でしたので実は動けず、はっきりって諦めてました。)それがご縁がありまして購入することができまして、ほんとよかったです。

 一曲目から「EVERYTHING」いや~改めて彼女のワールドには感服です。それ以上の感想、思いつかないくらいライブを堪能してきちゃいました。歌が上手い、そんなレベルじゃありませんね!!

 途中彼女がプログラムからちょっと脱線して、数年前にプライベートで桜の季節に十和田・奥入瀬・弘前を旅行して素の青森人や津軽三味線に触れて、青森の民俗性に感銘を受けたなんてことを話してくれました。

 「青森に来ることがあったらぜひこれだけは話したかった」なんて5分がらいかな?結構熱弁してくれまして、青森人としてはなんか「グッと」きてしまいました。

 今日のパンフレットにはこれからのライブの予定が記載されていました。東京は代々木第一体育館、大阪は大阪城ホール、名古屋はレインボーホール(今は名称が違うのかな:ネーミングライツという奴でしょう)大規模な会場でしょう。

 青森市民会館は1200人キャパの決して大きくない会場ですので大都市のコンサート会場より臨場感が得られると思います。

 またチャンスがあったら出かけるようにしてみようかな~と今日は痛切に感じています。(コンサートに行くこと自体15年振りでした。15年ですよ!ダメですね)

 

 

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

人って?